×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食道逆流の症状

食道逆流の症状には?






食道逆流では、人によっても当然ですが、症状が違います。


症状が軽い人もいれば、食後などは、いつも症状が出てしまい、薬を飲まないと

治まらない人もいるでしょう。


では、食道逆流の症状には、どういった症状があるのでしょうか?


具体的な症状について説明します。



食道逆流の症状


胃酸が逆流して、食道に上がってくることで食道内の粘膜を傷つけ、

炎症を起こしてしまったりする症状を食道逆流と言いますよね。


食道逆流では、胃酸が上がる前に感じる吐き気や胸焼けなど、他にも、

ゲップが繰りかえし出たりと言った徴候が見られる人もいるでしょう。


場合によっては、食欲減退や特定の食べ物が食べられなくなるといった症状が

起こることもあるそうですよ。


よく、食べ過ぎてしまったり、就寝のために体を横に行うと、胃酸が逆流を

起こしてしまいます。


食道逆流の症状は色々あると思いますが、通常では考えられないほどゲップが

増えたり、それにともなって吐き気を感じたり、胸焼けや胸を締め付けられるような痛みを

感じる場合もあるようです。


それに、食後の胃もたれが激しく、いつまでも胃が重く感じられることも

多いんです。


症状が現れるのは胃や食道(胸のあたり)ばかりではなくて、喉に痛みを感じたり、

声が出づらくなるという症状に悩む人もいます。


胃酸が気管に入ってしまった時には、気管支炎をおこして咳が止まらなくなる

場合もあるみたいですね。


さらに、炎症が上部まで広がると、耳に痛みを感じることがあります。


酷い場合には喘息を起こしたり、呼吸困難に陥る事もあるので侮れない病気

のようです。


食道逆流の原因は様々あり、それら症状の出方にも個人差があるとはいえ、

なんと言っても食道逆流で最も多く見られる症状は胸焼けでしょうね。


食道逆流の胸焼けは、揚げ物など脂分の多い食事や塩分の多い食事をとると

起こしやすいようですし、飲酒・喫煙によっても引き起こされる事が知られています。


ですので、食事をするなら食べ過ぎてはいないか?揚げ物など摂取し過ぎて

いないかなどをチェックしてみてください。


おそらく、唐揚などは、脂っぽくて、味も濃い傾向にあります。


ですので、食道逆流ならこれらを止めてみるのがいいかもしれません。


当然、胃の負担が軽くなるので、胸焼けなどの症状も減るはずです。


いきなり止められないなんて方は、先ずは量を減らすように努力してみても

いいかもしれません。














<PR>

友達の付き合いで親が注意することは? | 幼児期の子育て!年長〜小学校に上がるまで!

女性のゴルフレッスン・ゴルフ上達方法!

白髪の原因は?白髪の予防と改善!

リウマチの治療方法 | ひざの痛みを治す・膝痛対策!